厚生労働省SLPのパートナーになりました

まずは1記事5万円!副業ライターが自分の価値を高め、稼ぐための具体的な方法

みなさんこんにちは。今回は、手軽に始めることができて在宅でも稼ぐことができるWEBライターの稼ぎ方について考えていきたいと思います。

時間や場所の制約を受けない事からリモートワークの副業として人気なライターですが、いざ始めてみてもあまりの低単価に挫折してしまう人も多くいます。

参入障壁が低いため副業のライターが稼ぐことは難しいと思われがちですが、実は副業でもライターとしてしっかりと稼げる方法があるのです。

そこで今回は、ライターを始めてみたものの低単価の案件に甘んじている方のために、高単価の案件を獲得するための具体的な方法を紹介していきたいと思います。

クラウドワークスで搾取されるな

初心者のライターの方がクラウドソーシングから仕事を始めるのは一般的ですが、いつまでもクラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングで仕事を受託していては、ライターとしての単価は決してあがりません。

そもそもクラウドソーシングプラットフォームのライターの依頼は、文字単価0.5円といった世界であり、実績として自分の名前が残るわけでもないため、決して報われることはありません。クラウドソーシングに発注側している企業は、最低限のクオリティの記事をより低単価で受託してくれるライターを求めているからです。

駆け出しのライターが仕事の感覚を掴む練習場として使うのならばよいかもしれませんが、これではいつまでも低単価のままあなたの時間が搾取されてしまうことに加えて、作業量の勝負、つまり労働集約型の働き方から抜け出せないのです。

ライター業に限らず、資本主義のゲームでは、いかにして労働集約型の収入の割合を減らし、資本集約型の収入を増やすかが勝負になります。

ライターの場合は、実績として自分の名前が残る、あるいは自分の執筆した文章やコンテンツが自分の資産として残る仕事を選ぶことが重要になります。

とは言え、いきなり資本集約型と言われてもピンとこない方もいると思いますので、具体的な方法を順番に紹介したいと思います。

 

1.自分のプロフィールを整理してアピールしよう

ツイッターやNote、はてなブログなどを始めとしたSNSでライター用のアカウントを作っていないのだとしたら大至急作ってください。

プロフィールすらも作っていないのならば、いつまでたっても下請けのまま低単価で搾取されてしまします。

まずは自分がどんな人間で、どんな業界に明るく、どんな仕事を取りたいのかを整理してSNS上でアピールしましょう。会社にばれたくない、実名は怖いという人はペンネームでもOkです。

「何を書けばよいのか分からない。」、「人に言えるよう実績があるわけではない」

という方もいるかも知れませんが、誰しも始めから大それた実績があるわけではありません。肩の力を抜いて自分自身を表現してみましょう。

例えば、ユウ@アングラライターさんは、シンプルですが非常によくまとまったプロフィールを書いています。どういった人間なのか、そして得意なジャンルは何なのかといったことが一目で分かりますね。

こちらの井澤さんは、経歴と実績もさることながら@coingirl3というアカウント名からも仮想通貨関連の仕事を取りにいっていたことが伺えます。ここまでの実績がなくても、どこかメディアに寄稿した際は実績としてアピールしましょう。

プロフィールを書く時は

1.自分の得意分野を明記すること
2.過去の実績をアピールすること

を意識しましょう。プロフィールを記載する媒体は基本的に多ければ多いほど良いです。

2.自分のサイトを持とう

 

自分のライターのプロフィールを作成したあとは、自分のブログサイトなどのをひとつ持っておくことをオススメします。

言うまでもなく、自分のサイトで書いた記事は資産としてインターネット上に残ります。自分のプラットフォームを育てることは非常に大きな労力の伴うものですが、自分のペースで少しずつ着実に育てていきましょう。下記の「転職Z」などはサイト構造なども含め、非常に参考になるかと思います。

転職エージェント

ワードプレスなどで独自ドメインを取ることをオススメしますが、そこまでの労力がないという場合は、とりあえずNoteやLivedoorブログでもよいので作ってみましょう。

自分でひとつサイト運営をすることで「どういったライターをどう評価するのか」「どのようなライターを求めているか」発注者側の目線が肌感覚でわかるようになります。これはライターとして仕事を取っていく上で非常に重要な感覚です。営業メールやスキルシートの作成時など相手目線でコミュニケーションを取れるようになるため、大きな武器となるでしょう。

また、サイト運営をしてみることで、Googleアナリティクス、エイチレフス、GRCといったツールに日々触れることになります。「思ったよりPVが伸びたのは何故だろう」「どんな検索ワードを狙えばよいのか」といったことを日々、思案しながらPDCAを回すことでマーケット感覚が身につくとともに、自分の仕事を定量評価する癖が自然と身に着きます。これが出来るようになった時点であなたはすでにワンランク上のステージにいけます。

3.ライティングで差別化するポイント

さて、ライティング業ではどのようなポイントを意識して差別化していけばよいのでしょうか。差別化の方法は様々ですが、単価に影響する重要なポイントを3つ紹介したいと思います。

①読み手を意識したライティング

ライターに限らず、何か情報を発信する時は、情報の受け手を意識することが重要です。読み手にこれを伝えたいう強い思いは、「てにをは」などの細部に宿り、必ず伝わります。逆に単純な流れ作業としてライティング業をしているとそれも相手に伝わります。仕事を発注側からしても流れ作業要因のライターとして認知されてしまうため、いつまでも単価があがりません。

自分の書く文章は誰に向けたもので、どんなメッセージを伝えたいものなのかを常に自問自答し続けましょう。

このような姿勢でライティングをしていると必ず見てくれる人が出てきます。その記事の視聴時間やPVとして結果が出るかも知れませんし、メディア運営者からのオファーに繋がるかも知れません。いずれにせよ、地道に続けていくことで必ず良い結果が訪れます。

Have to ではなくWant to で仕事を選ぶ

自分がやりたくないと思ったオファーでも受けてしまったりしていませんか?駆け出しのライターの方はとりあえずどんな仕事でもやってみようと思うかも知れませんが、あまりオススメできません。「単価はよいけどあまり受けたくない」といった案件を受託しても、短期ではインセンティブはあるかも知れませんが長期的には何も残りません。

Have to ではなくWant toで仕事を選ぶことでパフォーマンスが格段に上がります。自分の得意分野、あるいは好きな分野に絞って受託していくことで、ストレスなく最高のパフォーマンスを発揮しましょう。

③重要な社会課題を問いかける

 

記事を書く時は、重要な社会課題を問いかけることも重要です。SNSなどでバズり多くのサイテーションを獲得する記事には、何かしらの社会に対する問題提起があります。例えば、ひと昔前、非常に多くのサイテーションを得たWiredの「日本が失った天才、金子勇の光と影」という記事は、イノベーションと利権という対立構造を軸に、先端技術を過小評価しがちな社会について問題提起しています。

社会に広く問題提起をして多くのサイテーションを獲得することが出来ればあなたのライターとしての価値は急上昇します。

この3つのポイントを意識することでワンランク上のステージに行きましょう!

4.上流工程もセットで受託する意識を持とう

次にライターが高単価で受託する時のポイントについて紹介したいと思います。ライター業の多くは、メディアや雑誌媒体から受注することが一般的ですが、お金の流れで見ると、ライター業は、企画立案、ディレクター、編集、SEO対策といった工程の下流に位置します。

ライター業の多くが低単価なのも、このお金の流れの下流に位置するためです。深い専門知識を持ち合わせていたり、よっぽどのトップティアでないかぎり、ライティングそのもので高単価を取ることは難しいものです。駆け出しのライターでも将来的に企画立案、編集といった上流工程に携わる準備をしていきましょう。

まずは一般的なライターから編集者へと転身するために、編集者の書籍を何冊か読んで必要なスキルを把握することをオススメします。然るべき準備をしていれば編集などの上流工程も受託できるチャンスは必ず訪れます。

【編集の教科書】

【編集思考】

【編集者・ライターのための必修基礎知識】

 

5.ライター以外のスキルと掛算しよう

自分の価値を高めるための基本的な戦略は、他の領域との掛算です。

ひとつの分野で100人にひとりの人材になれる自信のある方は、迷わずそれを目指してください。

しかし「ちょっと厳しいな」という人は、掛算することて自分の価値を高めましょう。あなたがひとつの領域で10人にひとりの人材だとして、さらに他の領域でも10人にひとりの人材となれれば、掛算することであなたは100人にひとりの人材になります。

10人にひとりとなれるものが二つもないという人はT型人材を目指すことをオススメします。T型人材とは、特定の分野に対して、深い専門知識と経験・スキルを自分の軸としつつ、それ以外の多様な分野についても幅広い知見を持つ人材のことです。Tの文字の縦棒を専門性、横棒を守備範囲の広さに見立てて、こう呼称されます。

 

近年、あらゆる業界にて求められているT型人材ですが、ライター業もT型人材として自分の価値を高めるべき職業と言えます。

どの分野と掛算するのかはあなた次第です。まずは自分の興味のある分野をサクッとかじってみるのが良いかも知れません。それでも何から始めたらよいのか分からないといったライターの方は、戦略的広報、SEO、UI/UXデザインなどの近い領域の分野から勉強していくことをオススメします。

これには様々な意見があると思いますが、ライティングとこの3つ内のいずれかを掛け合わせることで高単価の案件を受けているライターが非常に多くいます。それでは順番に見ていきましょう。

 

①ライター×戦略的広報

先ほどの上流工程の話にも関係しますが、広報戦略やPRの企画立案もセットで受注することで高単価で案件が取れます。

クライアント企業の課題を系統的にヒアリングし、広報の戦略を立案しつつも、ライティングも出来るという人材は非常に重宝されます。

広報・PRはまずこの3冊をよんで仕事の概要を理解しましょう。

戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則

新版 広報・PRの基本 この1冊ですべてわかる

【小さな会社逆襲の広報PR術】

②ライター×SEO

SEOもライターが自分の価値を上げるためには非常に重要です。そもそもWEB上の情報の大部分はGoogleが支配しているわけで、Googleの検索順位が上がって嬉しくない人はいません。

SEOはいわばGoogleのプラットフォーム上でのHow to playです。最低限のSEOの知識を持ち合わせているだけでも、あなたの価値は一気に飛躍します。

ライティングをしつつも、SEO対策を通じてトラフィックも確保できる人材と聞けば、いかにも頼もしいものです。

まずは、ストックサンチャンネルのYoutubeチャンネルを視聴して大枠を把握しましょう。この二つのチャンネルを視聴するだけでもあなたのSEOに関するリテラシーは格段に上がるはずです。

【StockSunチャンネル】

 

 

SEOの概要を把握したあとは「現場のプロから学ぶSEO技術バイブル」を読み、知識をつけていきましょう。SEOをどこまで追求するかは人次第ですが、少しずつ実践していけば必ず成果の出る分野です。

 

③ライター×UI・UXデザイン

UI/UXデザインの理解できるライターも非常に高単価の案件を獲得しています。そもそもUI/UXデザイナー自体が日本では圧倒的に足りていないことに加えて、たった一人の力で企業の売り上げを伸ばすことの出来るUI/UXデザイナーは非常に大きなバリューがあります。

ライターの場合は、アイキャッチ画像やレイアウトも依頼されることも多いため、UI/UXデザインの知識が少しあるだけでも差別化できます。

また、UI/UXデザインとは根本的には「人間を理解して導線を設計すること」なので20年後も30年後もAIに取って代わられる心配はありません。少しでも興味のある方は迷わず学んでみてください。

これもどこまで突き詰めるのかは人次第ですが、UI/UXを理解できるライターとして、記事作成に加えてUI/UXに関する知識もあることをアピールすると非常に重宝されます。

 

6.単価を自分で設定し、仕事を取ろう

当たり前のことを言うなと思うかも知れませんが、最終的には単価は自分で設定するものです。上記のポイントを整理したら、後は積極的に営業活動をしていくのみです。

メディア運営者や編集者の集まるイベントやセミナーに足を運んだり、地道にDM営業を自分でやることと、単価を自分で設定することは非常に重要です。最終的にはどの程度の単価で受託するかはあなた次第です。

 

さて、最後に最も重要なのがアライアンス作りです。アライアンスというと大げさに聞こえるかも知れませんが、要するに他のライターとも積極的に交流しようということです。

ライター業では、自分で処理できない仕事を仲間内でまわしあうということがよく行われています。

ライターの集まるミートアップに参加したり、SNSで交流したりすることで、積極的に交流を深めましょう。案件をすべて自分で営業して獲得しにいくのは非常に労力のかかるものですが、すべて自分の力でやる必要などどこにもありません。

「自分と波長の合いそうな文章を書く人だな。」、「同じ領域に関心を持っている人だな」と思ったら積極的に交流をしてみましょう。地道な交流があなたのライターとしてのキャリアを加速させるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA